インプラント

​Page Menu

 

科学が生んだ歯の治療

人工物を利用した歯科用骨内インプラントが臨床に応用されるようになったのは,1900年代 の半ばからです。種々の材料,固定法が試みられましたが,1952年、チタンが骨に結合することがわかり,その後、骨との結合様式や、 組織との親和性に関する研究が進められ,オッセオインテグレイティッド(骨に結合された)インプラントの確実性が証明されました。 その後も力学的形態やより骨に結合する材質や,表面形態の研究が進み、現在では国際的にも広く臨床に受け入れられるようになりました。 適切な診断のもとに治療されれば,その安全性は確実なものとなっています。

日本ではオッセオインテグレイティッドインプラントが導入されてから20年以上になります。 このように,インプラントは現代科学の粋を集めた治療方法であるといえます。

インプラントの仕組み

インプラント治療とは、あごの骨に、歯の根に代わる金属を埋め込み、 その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療方法です。インプラントを利用すると,従来の治療方法である入れ歯とは 異なり,しっかり固定されることになります。しかも違和感なく、天然の自分の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。

インプラント手術室

設備の充実した衛生的で機能的なオペ室です。 滅菌後パッキングされた器材を開封し、執刀医と第一手術助手は、手術野や手術器具など(清潔域)のみに触れ、それ以外は第二助手が触れるなど、衛生的に配慮されています。 オペ用照明は、従来の様な圧迫感がないので好評です。

 

大臼歯4本が失われた症例

従来の方法では手前の歯にバネ(クラスプ)をかけて取り外します。

インプラントは取り外しの必要がなく天然歯に近い感覚で噛めます。

もたせる歯がなくなった総入歯の症例

もたせる歯がないので不安定になりがちです。

2~4本のインプラントを支えにして義歯をしっかり支えることができます。

 

Step 1

初診カウンセリング

アウトラインの説明(無料)
治療のすすめ方、期間、費用など

Step 2

レントゲン検査

Step 3

診断結果の説明

CTで撮影した画像から作り出した顎の骨の写真を見ながら説明

Step 4

インプラント植立手術

↓3ヶ月間(この期間にインプラントが強固に骨と結合します)

Step 5

​型をとる

↓2回の通院(上部構造を作ります)

Step 6

装着して完成

定期検診が必要です。

 
 

費 用

上部構造 115,500円

インプラント 1歯

内訳  人工歯根 209,500円

325,000円

(消費税込み)

※インプラントは保険外治療です

〒586-0014 大阪府河内長野市長野町3-1

ご予約・お問い合わせ

Tel.0721-55-1081

Copyright (C) Minami Dental Clinic All Rights Reserved.